お知らせ /カテゴリー: 山田会計ニュース

山田会計ニュース

【最近の税務調査】税務調査での調査対象➂

最近の税務調査で調査対象となっている内容を3回にわけてご紹介します。
自社での取り扱い時の参考にしてください。

第3回目は役員退職金 

(例)役員退職金が経費(損金)となるか

事業承継で代表者が交代する場合に、
前社長が退職金を受け取って、会長職などに就くケースが増えています。

役員の退職金の損金性で論点になるのは
①支給額の算出根拠
②役職変更後の報酬額(事前の報酬額の1/2以下になっているか)
➂経営に参画していないか(役職者として採用などを含む
会社運営の重要な意思決定に参加していないか)などがあります。

役職が変わり、職務上は退職したと見なされる場合に、
退職金支給が損金となります。

役職変更後は、「非常勤」になるなど
(非常勤の場合当然報酬額も少なくなります。)
経営に参画していないことを証明する必要性があります。

 

山田会計では無料相談を行っています。
お気軽にお問合せ下さい。 ☎0274-74-5580

メールでのお問合せはこちらから(フォームが開きます)

山田会計ニュース

【最近の税務調査】税務調査での調査対象②

最近の税務調査で調査対象となっている内容を3回にわけてご紹介します。
自社での取り扱い時の参考にしてください。

第2回目は固定資産台帳 

(例)固定資産の実在性

固定資産台帳(原価償却明細)に記載されている
車輌、
機械装置などが実在しているか実物と突合せされる場合があります。
台帳に載っているが実物がない場合には、
私的に売却していないか(売却代金を個人的に受け取っていないか)など
疑われる原因になりかねません。

除却、処分などした場合は証拠書類の保全都度の会計処理をしましょう。
また資産の特定がやりやすいように固定資産台帳への
登録は車輌ナンバー、機械の型式なども一緒します。

 

山田会計では無料相談を行っています。
お気軽にお問合せ下さい。 ☎0274-74-5580

メールでのお問合せはこちらから(フォームが開きます)

 

山田会計ニュース

【最近の税務調査】税務調査での調査対象①

最近の税務調査で調査対象となっている内容を3回にわけてご紹介します。
自社での取り扱い時の参考にしてください。

第1回目は家事関連費

事業用の経費と個人的経費(家事関連費)の区分けが争点になります。

事業外とする金額や、
一般従業員と代表者親族従業員との取り扱いの違いが
指摘されている傾向があります。

 

(例)社用車に関する家事関連費

1.車にはガソリン代の他、減価償却費、自動車保険、車検費用など
様々な経費がかかっています。
高級車を社用車とする場合、減価償却費なども多額になるため、
個人使用部分として事業外とすべき経費の額も相応に増えるべきと見られます。

2.役員以外の親族従業員への社用車提供と車に係る費用負担は、
一般従業員に対しても同様の費用負担をするのか
という視点で調査されます。
親族だからとの理由での費用負担は利益供与とみなされ
本人の給与となる場合があります。

 

車社会の群馬で35年、地域の皆様と共に歩んでまいりました。
お客様おひとりおひとりの疑問にお応えできます!

山田会計では無料相談を行っています。
お気軽にお問合せ下さい。 ☎0274-74-5580

メールでのお問合せはこちらから(フォームが開きます)

 

山田会計ニュース

『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)

山田会計ニュース2019年10月号が発行されました。

今回は『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)です。

 

 

『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)

今回は、昨年、間違いが多かった「配偶者控除および配偶者特別控除」の計算に関わる「収入」「所得」の違いについて掲載させていただきます。

【収入】とは?
会社員であれば毎月会社から支給される給与が「月収」です。
これは給与明細書の「支給額合計」のことで、
実際に手許に渡される金額とは違います。
その「月収」の1年間の総合計金額が「年収」です。(賞与含む)
※自営業者等の場合・・・1年間の売上高が収入となります。

【所得】とは?
 ■会社員の場合  : 「年収」-※「給与所得控除額」「所得」

 ■自営業者等の場合: 「年収」-「必要経費」    =「所得」

※「給与所得控除額」とは・・・
自営業者等の必要経費のようなもので、収入に応じて一定の金額を引くことが法律で決められています。

 

【給与所得者の配偶者当控除申告書より抜粋(記入箇所参考)】

【注】同一年分に2か所以上の会社から給与を受け取っている場合
    ⇒ 総支給額の合計額により表を適用

 

(例)年収 4,000,000 円の場合の計算

➀給与所得控除額の計算

年収 4,000,000 円× 20% + 540,000 円 = 1,340,000
(給与所得控除は別途計算方法の表から計算することができます)

➁給与所得額の計算

年収 4,000,000 円 - 1,340,000 円 = 2,660,000
(収入から給与所得控除額を差引き)

2,660,000 円が年間の給与所得になります。
収入よりだいぶ少ない金額になりますね。

 

「収入」「所得」について、少しでも理解していただけたでしょうか?
『まだよくわからない…』という方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

https://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News

山田会計ニュース

消費税改定・店内のわかりやすい価格表示は?

山田会計ニュース2019年8月号が発行されました。

今回は消費税改定・店内のわかりやすい価格表示は?です。

 

 

消費税改定・店内のわかりやすい価格表示は?

■誤解されないような表示を検討しましょう
価格表示は、総額表示と外税表示があります。
自店の売り方にあった表示方法を検討しましょう。
複数の税率表示が混在する場合は、誤認を防止するために、
別途説明POP等を作りましょう。

 

■イートイン利用がある場合の価格表示例
・税抜価格による表示の場合

・税込価格による表示の場合

 

■イートインと持ち帰りの税込価格を同じ (一の税込価格)にして表示する方法
「一の税込価格」とは、イートイン(10%)でも持ち帰り(8%)でも、本体価格を異なるものにすることで、税込価格を同じにする方法です。
ただし、納税額を計算するために、
どちらの税率で販売したかを区分しておく必要があります。

 

ポイント!
お客様から見てわかりやすい価格表示を心がけましょう

 

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

https://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News