お知らせ /カテゴリー: 会報62号

会報62号

【和会報62号Vol.19】Philosophy

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.19の内容はPhilosophyです。
※今回のVol.19で和会報62号の投稿は最終回となります。

 

 

~“ふぃろそふぃー”【Philosophy】の小径~

 

“滅びる原因は、自らの内にある”

徳川家康

失敗を人のせいにしないというもの。失敗の原因はいつでも
自分自身にあることを自覚するべきだということです。

「日本の偉人:名言集」より

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.18の内容も含まれています。

PDFファイル:Philosophy

会報62号

【和会報62号Vol.18】無料相談会実施中!

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.18の内容は無料相談会実施中!です。

 

 

無料相談会実施中!

齋藤 駿介

相続・経営・税金・会計

  あなたのお悩み、専門家に話してみませんか?

 

無料ですので、些細なことでもお気軽にご相談下さい。

 

要予約!無料にて最大1時間まで対応致します!

 

 

お問い合わせは、電話またはメールにて!(担当:白石)

TEL:0274-74-5580

E-Mail:yamada-kaikei@tkcnf.or.jp

※ホームページの『お問合せ』からもお申込み可能です。

 

お問い合わせはこちらから

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.19の内容も含まれています。

PDFファイル:無料相談会実施中!

 

会報62号

【和会報62号Vol.17】働き方改革とともに求められるキャリアアップ④

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.17の内容は働き方改革とともに求められるキャリアアップ④です。
※Vol.17はVol.14、Vol.15、Vol.16の続きとなっております。Vol.14、Vol.15、Vol.16をお読みでない方は下記のリンクよりそれぞれお読みになってからVol.17をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報Vol.14

⇩⇩⇩

和会報Vol.15

⇩⇩⇩

和会報Vol.16

 

 

働き方改革とともに求められるキャリアアップ④

㈲アスカ創造経営研究所 三宮 晃

キャリアアップ二つの考え方

そこで、そのようなIT・AIの進展が進む社会の中で自分の「働き方」を決めるためのキャリアアップの2つの考え方をご紹介します。

一つ目は「深耕型キャリアアップ」という考え方です。「特定の分野の情報・経験を深めていくこと」です。たとえば、あなたが営業職につきたい(もしくは就いている)場合は、「お客様との関係の築き方」「自社の商品・サービスの売り方」という具体的な手法のスキルを深めていくことです。

二つ目は「広域型キャリアアップ」です。広域型(広める)キャリアアップとは、「専門分野以外にカバーできる分野のバリエーションを増やすこと」です。

重要なのは、「どんな分野を学ぶべきか?」ではなく、「その仕事でキャリアアップをするために、どんな価値を求めればいいのか?」ということです。

 

以上、2つの考え方を紹介しましたが、キャリアアップとは、「自分がするべきことはどんなことで、そのために何が必要なのかを考えて、日々の仕事に還元する(しようとする)」ことなのです。時代の変化に適応できる人材になるためにもキャリアアップに挑戦しましょう!

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記よりご覧ください。

※PDFにはVol.14、Vol.15、Vol.16の内容も含まれています。

PDFファイル:働き方改革とともに求められるキャリアアップ

会報62号

【和会報62号Vol.16】働き方改革とともに求められるキャリアアップ③

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.16の内容は働き方改革とともに求められるキャリアアップ③です。
※Vol.16はVol.14、Vol.15の続きとなっております。Vol.14、Vol.15をお読みでない方は下記のリンクよりそれぞれお読みになってからVol.16をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報Vol.14

⇩⇩⇩

和会報Vol.15

 

 

働き方改革とともに求められるキャリアアップ③

㈲アスカ創造経営研究所 三宮 晃

IT・AIの進展が働き方を大きく変える

IT・AIの進展は、私たちの「働き方」に大きな影響を及ぼしています。

会社のオフィス以外の場所で仕事をすること(リモートワーク)や住む場所が複数あり、多様な生活の仕方を実施すること(デュアルライフ)など、「人生設計」そのものに影響を与えています。その他にも、「クラウド」がキャリア・働き方に具体的な効果をもたらしています。データの共有や業務委託の分野、業務フローの効率化といった様々な面で、既存の働き方や働く手段、商品やサービスを生み出す活動に革命を起こしています。

それは、「効率化が進む以上、働き手である私たちの業務範囲が狭められ適応範囲の拡大を迫られる」ということに繋がるのです。

たとえば、データ入力や受付窓口など、簡単な仕事は今後のITの進展によって”無くなる”と考えられるでしょう。今すぐに無くなるわけではありませんが、実際に今している仕事も「IT」にとって代わられてしまう可能性は十分にあります。

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記よりご覧ください。
※PDFにはVol.14、Vol.15、Vol.17の内容も含まれています。

PDFファイル:働き方改革とともに求められるキャリアアップ

会報62号

【和会報62号Vol.15】働き方改革とともに求められるキャリアアップ②

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.15の内容は働き方改革とともに求められるキャリアアップ②です。
※Vol.15はVol.14の続きとなっております。Vol.14をお読みでない方は下記のリンクよりVol.14をお読みになってからVol.15をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報62号Vol.14

 

 

働き方改革とともに求められるキャリアアップ②

㈲アスカ創造経営研究所 三宮 晃

雇用の流動化に適応するにはT型人材を目指す

T型人材とは「一つの得意分野以外に幅広い知見を備えている人」と言えます。

「教育×IT」「6次産業化」など、現代のビジネスやイノベーション分野においては、「他分野・異分野連携」が必要とされています。
得意(専門)分野以外に複数の分野に関する理解・知見があることで、労働形態の変化への適応力やアイディアの独創性は高まります。

そのためにも、自分の「カバーする分野の広さ」を伸ばしていく必要があるのです。

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記よりご覧ください。
※PDFにはVol.14、Vol.16、Vol.17の内容も含まれています。

PDFファイル:働き方改革とともに求められるキャリアアップ