お知らせ /月別: 2017年12月

相続

法定相続情報証明制度とは

相続においては、遺産分割による不動産名義変更(移転登記)、預貯金等の口座の名義変更などのために、登記所(法務局)や金融機関ごとに、戸籍関係書類を提出する必要があります。戸籍関係書類の束に代えて、法務局の証明書1枚で、相続手続ができる「法定相続情報証明制度」が平成29年5月29日より始まりました。

 

 

法定相続情報証明制度とは・・・

法定相続情報証明制度とは、法務局から「法定相続情報一覧図の写し」の交付を受けることで、以後はこの書類1枚で各種手続きを行うことが出来るようになるという制度です。
「法定相続情報一覧図の写し」の交付を受けるには、被相続人の戸籍関係の書類等と、それに基づく被相続人の氏名や本籍等、相続人の氏名や本籍、住所、生年月日、続柄、法定相続分等の情報を法務局に提出し、登記官の確認を受けることで交付を受けることが可能になります。

 

 

法定相続情報証明制度のメリット

●相続手続きで戸籍謄本一式の代わりに1枚提出するだけ
上記にもありますが、この制度を利用すると被相続人と相続人の戸籍謄本の内容を1枚にまとめた「法定相続情報一覧図の写し」が発行され、相続手続きの際に戸籍謄本一式の代わりに「法定相続情報一覧図の写し」を1枚準備するだけで良くなります。相続の際の不動産の名義変更だけでなく、金融機関での預金の払い戻しや名義変更などにも利用できます。

●相続手続きの金銭的負担が軽減できる
亡くなられた方が複数の金融機関で口座を持っていたり、保険会社と契約をしていたり、土地を所有していた場合などには、複数の相続手続きを行う必要があります。戸籍謄本は有料であるためたくさん準備をするとお金がかかるため、一式だけ準備して順番に手続きをしていくこともあります。しかし、法定相続情報証明制度で発行される「法定相続情報一覧図の写し」は無料であることから何枚準備しても金銭的な負担がかかりません。

●同時に行いたいときに時間短縮できる
複数の機関で相続手続きを行う際、戸籍謄本一式を提出して返却を待ち、返却されたら別の機関へ提出して返却を待つといった形がひと通りの手続きが終わるまでに数ヵ月もの時間を要することもあります。しかし、戸籍謄本一式の代わりに使用できる「法定相続情報一覧図の写し」を必要な枚数用紙しておけば、返却を待つことなく複数機関での手続きを同時に進めることができ、相続手続きの時間短縮ができます。

法定相続情報証明制度についてもっと詳しく知りたい方は下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

法務省(法定相続情報証明制度について)

山田会計ニュース

決算書の信頼性を高める中小会計要領とは

中小企業の多くは、中小会計要領(中小企業の会計に関する基本要領)に基づいて決算書を作成しています。中小会計要領は、中小企業の事態に即したルールであり、かつ、経営者の役立つもので、金融機関から高く評価されています。今回は改めて中小会計要領についてお知らせします。

 

 

中小会計要領(中小企業の会計に関する基本要領)とは・・・

簡単に言ってしまうと中小企業の実態に合わせて策定された新たな会計ルールです。
上場企業などとは違い、中小企業は厳しい会計基準を適用する必要はありませんが、一定の会計基準を満たした財務書類を作成することで、経営者が必要な情報を正確に入手し、それに基づき自社の経営状況を的確に把握することができると考えられています。

これを発表した中小企業庁では以下のような中小企業の実態に合わせてつくったと言われています。

・経理人員が少なく、高度な会計処理に対応できる十分な能力や経理体制を持っていない。
・会計情報の開示を求められる範囲が、取引先、金融機関、同族株主、税務当局等に限定されている。
・主に法人税法で定める処理を意識した会計処理が行われている場合が多い

 

 

中小会計要領のメリット

♦共通のルールなので決算書の信頼性が高くなる
金融機関、取引先、株主などへ、中小会計要領の会計ルールに沿った決算書などを用いて説明や情報提供を行うと信用力が高まり、資金調達や取引先との契約や拡大をスムーズに進める効果が期待されます。

♦「経営の見える化」によって経営課題が明らかになる
中小会計要領の会計ルールに沿って作成することで、経営状況がより正確に表した財務書類が作成できます。正しい経営状況を知らない経営者が正確な経営判断を下すことはできません。経営状況を知り、どうしていくべきかの判断をスピーディーに下していくのに重要なツールとなります。

中小会計要領についてもっと詳しく知りたい方は下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

中小企業庁ホームページ(財務サポート「中小会計要領」)

セミナー

「フィンテックが変える100年時代の働き方の未来」セミナーのご案内

当事務所のグループ会社である㈲アスカ創造経営研究所主催でフィンテックが変える100年時代の働き方の未来」セミナーを開催します。

起業準備中・起業家の方で、こんな方におススメ!
♠営業効率、売上をアップさせたい。
♠もっと時間を有効に使いたい。
♠人間関係などを変化させたい。
♠ビジネスツールを無料で使い倒したい。
♠クラウドやフィンテックについて知りたい。
♠今後訪れる大規模な変化を知りたい。

講師は前回に引続き、今話題の「㈱マネーフォワード」様から特別講師によるセミナーです。

詳しくは下記またはPDFをご覧ください。
気軽に参加できるセミナーになっていますので、少しでも興味のある方はぜひ、参加してみて下さい。

お申込みはPDFに必要事項を記入してFAXを送信してください。
※Facebookからもお申込みできます。
(下記リンクがありますのでそちらからお申込みください)

⇩⇩⇩

フィンテックが変える100年時代の働き方の未来
Facebookイベントページ

フィンテックが変える100年時代の働き方の未来
詳細

会場:
ビエント高崎402号室
群馬県高崎市問屋町2-7

参加費:
無料
※希望者にはクラウド会計お試しクーポンを差し上げます!!

開催日:
2017年12月21日(木)
14:00~15:30

※何かわからないことがありましたら、下記までお問合せください。

㈲アスカ創造経営研究所
担当:今井
TEL:0274-74-5580

PDFファイル:フィンテックが変える100年時代の働き方の未来

フィンテック、クラウド会計のことなら山田会計まで!!

セミナー

【報告】12月度「経営力強化セミナー」開催されました!

 

以前からお知らせしていました「経営力強化セミナー」が12月12日(火)に開催されました。

今回は3社4名の皆様にご参加いただきました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

12月の「経営力強化セミナー」は終了いたしました。「経営力強化セミナー」は毎月1回開催しておりますが好評につき1月はすでに満席となっております。御社の決算書をご自分で分析してみませんか?今まで気づけなかった課題に気づくことができると思います!!
今後の「経営力強化セミナー」の日程及び申し込み方法については下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

経営力強化セミナー

 

また、山田会計のFacebookページでは「経営力強化セミナー」のイベントページが作成されていますのでそちらもご覧になってみて下さい。イベントページからの申込みもしております。

⇩⇩⇩

経営力強化セミナーFacebookイベントページ

 

※経営力強化セミナーについてわからないこと等ございましたら、当事務所までお問い合わせください。
お問合せ:
㈲山田会計
担当:平野
TEL:0274-74-5580

 

「経営力強化セミナー」に参加してみたいけどどういう感じかわからないという方もいらっしゃると思いますので、近日中に今回参加された方々の感想をお知らせとしてアップしたいと思いますので、そちらもご覧になってみて下さい。

山田会計ニュース

当社の大事なお客様にお願いがあります。

山田会計ニュース2017年12月号が発行されました。

今回は「当社の大事なお客様にお願いがあります。」です。

 

 

2017年も残すところあとわずかとなりました。
1年間を振り返りやり残したことはありますか??今年の目標は達成できましたか??
年始に「今年こそは挑戦したい!!」と意気込んで目標を立てたものの、日々の忙しさに、年始に立てた目標すらもう忘れてしまい・・・
といったことになってしまっているあなた!まだ今年は終わっていません!!
あと数日、今年出来ることをやって、2018年も良いスタートを切れるように当社もお手伝い致します。

■今年あなた自身やあなたの周りのことで、心当たりのある項目がありますか?
・怪我をして又は風邪をひいたし、何度も病院に通った気がする。
・結婚しました!赤ちゃん生まれました!
・住宅ローンで家を買いました!
・両親から人には言えない額のお金をもらいました!
・こっそり副業をはじめました!
・フリーランスで開業しました!!
・実は、株で儲けました!!
・子供には内緒だけど、結構年金もらっています。

1つでも当てはまるなら・・・
確定申告をしないと”損する”可能性があります。

 

 

・税金の還付を受けたい。
・確定申告に時間をかけたくない、確定申告の作業が面倒だ。
・新しく事業を始めたが、確定申告はどうしたらよいのか?
・消費税を納めなくちゃいけないのか?
・土地、家屋を売ったが、税金はどうなるのか?
・家賃、地代収入の税金はどうなるのか?
・年金、配当金、退職金、保険満期・解約などに対する税金は?
・住宅取得、医療費は税金がどれぐらい安くなるのか?
・親子間の贈与税は?
・電子申告・電子納税はどうすれば出来るのか?
・ふるさと納税をしたのだけれど、確定申告は必要なの?
etc・・・

山田会計にご相談ください!!連絡お待ちしております!
TEL:0274-74-5580

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

http://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News