お知らせ

山田会計ニュース

税制改正

山田会計ニュース2018年6月号が発行されました。

今回は税制改正です。

事業承継税制
事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、円滑化法の認定を受けている非上場会社の株式等を贈与又は相続等により取得した場合において、その非上場株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予される贈与税・相続税の納付が免除される制度です。

平成30年度税制改正では、この事業承継税制について、これまでの措置(以下「一般措置」といいます。)に加え、10年間の措置として、納税猶予の対象となる非上場株式の制限(総株式数の最大3分の2まで)の撤廃や、納税猶予割合の引上げ(80%から100%)等がされた特例措置(以下「特例措置」といいます。)が創設されました。

※参考
特例措置と一般措置の比較

10月に「事業承継税制」についてのセミナーを予定しておりますので、ぜひ、参加してみて下さい。
詳細は追ってお知らせ致します。

詳しくは下記のURLからご覧ください

⇩⇩⇩

http://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News