お知らせ

会報62号

【和会報62号Vol.2】事業承継の5つのステップ

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.2の内容は弊社所長の挨拶②です。
※Vol.2はVol.1の続きとなっております。Vol.1をお読みでない方は下記のリンクよりVol.1をお読みになってからVol.2をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報62号Vol.1

 

 

 

 

暑中お見舞い申し上げます②

税理士 山田 利和

2.事業承継の5つのステップ

そこで、中小企業庁より、円滑な事業承継のために「事業承継マニュアル」(2017年3月)が公表され、5つのステップが必要とされています。

ステップ1
事業承継に向けた準備と必要性の認識

ステップ2
経営状況・経営課題等の把握(見える化)

ステップ3
事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)

ステップ4
事業承継の計画策定

ステップ5
事業承継の実行

同マニュアルによれば、円滑な事業承継には「事業承継に向けた準備」が必要とされ、その期間は最低5年はかかるとされています。
また、事業承継のポイントは、「経営状況・経営課題等の把握(見える化)」と「経営改善(磨き上げ)」にあります。
つまり事業の「見える化」によって、事業の過去から現代までを振り返り、事業の「磨き上げ」によって、創業者の思い(経営理念)を事業の将来に生かすプロセスが事業承継の核心であるといえます。

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.1、Vol.3の内容も含まれています。

PDFファイル:暑中お見舞い申し上げます