お知らせ

会報62号

【和会報62号Vol.3】補助金の活用

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.3の内容は弊社所長の挨拶③です。
※Vol.3はVol.1、Vol.2の続きとなっております。Vol.1、Vol.2をお読みでない方は下記のリンクよりそれぞれお読みになってからVol.3をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報62号Vol.1

⇩⇩⇩

和会報62号Vol.2

 

 

暑中お見舞い申し上げます③

税理士 山田 利和

3.補助金の活用

国では事業承継がスムーズにいくために各種補助金を用意しています。

一つは「事業承継計画」作成支援の専門家派遣です。専門家があなたの会社の事業承継計画又は同計画作成に係る個別問題を解決支援します。今後どの様に承継して行くかシミュレーションし、課題を抽出することで円滑な事業承継を応援するものです。

二つ目は、「磨き上げ」に対する支援です。事業承継で大切なのは後継者がその事業を引き継ぎたいと思うような魅力的な事業である必要があります。早期経営改善計画支援として専門家の力を借りて自己の経営を見直し、経営課題の発見や分析を行い、3ヵ年計画を作成し事業の将来像を作成するものです。

詳細については、当社の職員にお訊ねください。

 

 

結びに、事業承継とは創業者と後継者との間で会社の存在意義を明確にすることが、引き継がれる礎になるのではないかと思います。お互いが持つ使命感の交わる点が「覚悟」ともいえるのではないでしょうか。

暑い夏はまだ半ばです。皆様、くれぐれもご自愛のほど心よりお祈り申し上げます。

感謝

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.1、Vol.2の内容も含まれています。

PDFファイル:暑中お見舞い申し上げます