お知らせ

会報62号

【和会報62号Vol.4】『社長さんの仕事』って何?

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.4の内容は『社長さんの仕事』って何?です。

 

 

 

 

『社長さんの仕事』って何?

課長:西田 裕幸

 

東大に行く人は最初から東大を目指している。

高い目標を設定している人が高い成果を手にすることが出来る。

 

 

同業種、同規模の会社で、おそらく同じような製品を製造されていたり、工事をされていたり、小売、卸をされていても、利益率(儲け力)に違いがあり、最終的な利益にかなり差が出ている事例を目にすることが多々あります。

仕事を受託する時の適正利益に対する認識、(受託して良いのか否か)、コスト意識(設備投資に対する考え方、自身を含めて接待に使うか最新設備導入に使うか)、必要人員数の設定などに差が出ます。

開業当初の社長さんの仕事は、事業全般を他の誰よりもこなす事だと思います。社長さん自身が現場に出て、仕事に対する姿勢を背中で語ることだと思います。

でもそれが本来の社長さんの仕事の全てとは言えません。

 

 

 

 

▶では『社長さんの仕事』とは

【夢を語る】
仕事をすることを通じて出来る社会への貢献や、働いている人達に希望を与えるような夢を語る。高く、大きな夢、明るい目標を語り、賛同を得る。

【設計図をつくる】
夢を実現するための設計図、ビジョンを作る。社員、協力者にわかりやすく、共感できるような計画を作る。

【戦略・戦術を練る】
夢実現のための具体的な施策、取組み方法を練り、決定する。

 

この設計図作成や、戦略・戦術の検討段階で自社の適正利益の確認や、設備、人員、コストの認識も進めていくことになります。社長さん自身がこれらを考える時間を得て、社長本来の仕事を遂行するためには現場を任せられる社員の育成、また誰が担当しても業務が回せる仕組み作り(マニュアルの整備)も必要になってきます。

 

 

 

 

当社では、社長さんがこれらの本来の仕事を遂行するきっかけ作りの場として、『将軍の日』というプログラムを用意しています。是非一度ご参加下さい。

 

⇩⇩⇩

『将軍の日』についてはこちらから

 

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。

PDFファイル:『社長さんの仕事』って何?