お知らせ

山田会計ニュース

『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)

山田会計ニュース2019年10月号が発行されました。

今回は『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)です。

 

 

『収入と所得の違い』とは?(年末調整編)

今回は、昨年、間違いが多かった「配偶者控除および配偶者特別控除」の計算に関わる「収入」「所得」の違いについて掲載させていただきます。

【収入】とは?
会社員であれば毎月会社から支給される給与が「月収」です。
これは給与明細書の「支給額合計」のことで、
実際に手許に渡される金額とは違います。
その「月収」の1年間の総合計金額が「年収」です。(賞与含む)
※自営業者等の場合・・・1年間の売上高が収入となります。

【所得】とは?
 ■会社員の場合  : 「年収」-※「給与所得控除額」「所得」

 ■自営業者等の場合: 「年収」-「必要経費」    =「所得」

※「給与所得控除額」とは・・・
自営業者等の必要経費のようなもので、収入に応じて一定の金額を引くことが法律で決められています。

 

【給与所得者の配偶者当控除申告書より抜粋(記入箇所参考)】

【注】同一年分に2か所以上の会社から給与を受け取っている場合
    ⇒ 総支給額の合計額により表を適用

 

(例)年収 4,000,000 円の場合の計算

➀給与所得控除額の計算

年収 4,000,000 円× 20% + 540,000 円 = 1,340,000
(給与所得控除は別途計算方法の表から計算することができます)

➁給与所得額の計算

年収 4,000,000 円 - 1,340,000 円 = 2,660,000
(収入から給与所得控除額を差引き)

2,660,000 円が年間の給与所得になります。
収入よりだいぶ少ない金額になりますね。

 

「収入」「所得」について、少しでも理解していただけたでしょうか?
『まだよくわからない…』という方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

https://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News