お知らせ

会報63号

【和会報63号Vol.13】遅れる中小企業の防災対策

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.13の内容は取り組もう!中小企業の防災対策です。

 

 

取り組もう!中小企業の防災対策①

㈱未来サポートアスカ 三宮 晃

令和元年10月台風15号、19号が上陸し東日本を中心に甚大な被害をもたらしました。
被害はライフライン破壊などのインフラ損失から、人的損失、民家、社屋や工場といった物的損失、事業の中断による操業損失などさまざまです。そのため、地震や台風などの大災害へ備えるために企業が果たす役割が重要になっています。防災への取り組みは環境問題などとともに、企業の社会的責任(CSR)としてとらえられており、今後、企業価値向上には不可欠と考えられます。

 

 

遅れる中小企業の防災対策

一般的な防災・安全対策の実施項目としては
①食糧・水・物資の備蓄をしているか
②情報システムの耐震対策を実施済みか
③帰宅困難者対策について決めているか
④防災訓練を実施しているか・・・
などが挙げられますが、中小企業の防災への取り組みはというと、大企業よりも対応が大幅に遅れていると言われています。そこで今回は企業における防災対策について考えてみます。 

この続きは次の「和会報63号Vol.14」、「企業における防災対策の3段階」をご覧ください。

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記よりご覧ください。
※PDFにはVol.14の内容も含まれています。

PDFファイル:取り組もう!中小企業の防災対策