お知らせ

山田会計ニュース

消費税の改正/領収書やレシートの追加記載事項は?

山田会計ニュース2019年5月号が発行されました。

今回は消費税の改正/領収書やレシートの追加記載事項は?です。

 

 

消費税の改正/領収書やレシートの追加記載事項は?

■請求書等の記載事項の追加
消費税軽減税率制度導入に合わせて、請求書等の記載事項の追加が必要になります。

 

■区分記載請求書等の作成例
区分記載請求書等にはレシートも含まれます。ここではレシートの作成例を紹介します。

 


多数の商品を登録できないようなレジの場合は、商品の一般的な総称で差し支えありません。
(例:「野菜」「肉」「食品」「飲食料品」など)

上記の✕のような「部門1」の表記の場合、取引の内容が記載されているとは言えず、一般的には記載事項を満たしていません。

 

ポイント!
条件を満たした書式の準備ができているか確認しましょう

 

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

https://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News

セミナー

第4回財産管理セミナー『知って得する相続情報!知らなきゃ損する争族対策!』&無料相談会のお知らせ

弊社内に事務局があります財産管理ネットワークが主催する
第4回財産管理セミナー&相談会が開催されます。

セミナーテーマは、
『知って得する相続情報!知らなきゃ損する争族対策!』です。

長寿社会の財産管理について、実務家の講演によりわかりやすく解説するとともに、参加された方がクイズ形式で参加できる争族対策を楽しく学ぶコーナーなど、ご質問も受けながらご一緒に理解を深めることを目的としています。

詳しくは下記またはPDFをご覧ください。

お申込みはPDFに必要事項を記入してFAXまたはメールで送信してください。
電話での直接申込みも対応しております。

FAX:0274-74-5568
TEL:0274-74-5580
E-Mail:yamada-kaikei@tkcnf.or.jp

 

 

 

 

第4回財産管理セミナー
『知って得する相続情報!知らなきゃ損する争族対策!』

&無料相談会詳細

主催:
財産管理ネットワーク

セミナー内容:
第一部:講演【知っておきたい民法改正<相続編>】
第二部:みんなで参加!○×クイズ!
第三部:個別無料相談会
※第三部は希望者のみの参加となります。

会場:
富岡商工会議所 1階大ホール
群馬県富岡市富岡1121-1
※駐車場は台数に限りがございます。公共の駐車場をご利用ください。

開催日:
2019年5月19日(日)
受付:13:30~
セミナー開始:14:00~16:20

参加費:
受講料、相談会無料

申込締切日:
2019年5月13日(月)

※何かわからないことがありましたら下記までお問合せください。

財産管理管理ネットワーク事務局:㈲山田会計内(小林・白石)
TEL:0274-74-5580

 

PDFファイル:第4回財産管理セミナー&相談会

セミナー

【報告】『元気なうちに親子でやっておくべき相続対策!』セミナー開催しました!

先日、お知らせしました『元気なうちに親子でやっておくべき相続対策!』セミナーが4月13日(土)に開催しました。

このセミナーは、弊社と税理士法人湧志会計共催でビエント高崎にて開催しました。

今回のセミナーでは21名の方々にご参加いただきました。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。

 

当日のセミナーの流れは以下の通りです。

 

税理士法人湧志会計の佐藤先生の挨拶から始まり、

 

 

メインの講演では、第一部で『親が亡くなる前の準備』というテーマで弊社部長の白石が講演を行いました。

講演内容としては、『相続の基礎知識』、『親の意思は相続でどこまで反映されるのか』、『元気なうちに親に用意してもらいたいこと』に分けて講演を行いました。

 

 

第二部では『親が亡くなった後の手続き』というテーマで税理士法人湧志会計の伊佐山様が講演を行いました。

講演内容としては、『親が亡くなってから必要な書類について』や『親が亡くなってからどのような手続きが必要か』などについて講演を行いました。

 

 

第二部終了後には質疑応答なども行われました。

 

 

 

そして、最後は、弊社課長の浦辺による挨拶でセミナーが終了となりました。

 

 

ここで、今回のセミナーに参加された皆様の感想の一部を紹介させていただきます。

 

———————————————————————————————————–

♠セミナー参加者の感想

・一部では生保が利用価値の高いことがわかりました。
 二部では資料に追加されたイラストが非常にわかりやすかったです。
 官公庁の休みについては拍手を送りたいご意見でした。
 昔と違って勤務の形も様々なのですから役所こそ年中無休(盆暮れ以外)
 にして頂きたいです。
 非常に勉強になりました。ありがとうございました。

 

・とても丁寧にわかりやすく説明して下さり、大変参考になりました。
 自身に役立てたいと思います。ありがとうございました。

 

・実家の相続の件で、参加させていただきました。
 まずは両親の戸籍をとりよせて、兄弟、両親と
 元気なうちに話を進めていけたらなぁと思っています。
 ありがとうございました。

 

・相続対策について大変勉強になりました。
 ありがとうございました。

———————————————————————————————————–

 

今回のセミナーの詳しい内容については、後日配信される弊社とグループ会社アスカ創造経営研究所が配信しているメールマガジン『なごみマガジン』にて配信されますので、ぜひ、このセミナーを詳しく知りたい方はそちらをご覧になってみて下さい。

⇩⇩⇩

なごみマガジン

 

また、今回は弊社と税理士法人湧志会計共催でセミナーを開催しましたが、次回は6月に弊社グループ会社のアスカ創造経営研究所と税理士法人湧志会計共催でセミナーを企画しております。興味のある方は、後日このホームページまたはアスカ創造経営研究所のホームページにてお知らせしますので、ぜひ、確認してみて下さい。

⇩⇩⇩

アスカ創造経営研究所

 

その他、9月には弊社と税理士法人湧志会計共催でセミナーも企画中です。後日、このホームページにてお知らせしますので、確認してみて下さい。

山田会計ニュース

ご存知ですか?「贈与税の配偶者控除」

山田会計ニュース2019年3月号が発行されました。

今回はご存知ですか?「贈与税の配偶者控除」です。

 

 

 

 

ご存知ですか?「贈与税の配偶者控除」

「おしどり贈与」という言葉を聞いたことがありますか?結婚生活の長いご夫婦であればご存知かもしれません。「おしどり贈与」は愛称で、正しくは特例の「贈与税の配偶者控除」の制度のことです。

婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産もしくは居住用不動産を購入するための金銭の贈与が行われた場合に「最大2,000万円まで控除を受けられる」というものです。贈与税には110万円の基礎控除が設けられているため、それと配偶者控除を合わせると最大2,110万円まで非課税で贈与することができます。

 

配偶者控除の対象となる不動産の範囲

⑴夫もしくは妻が所有者の居住用家屋

⑵配偶者もしくは親族が所有者となっている建物の土地に対する所有権か借地権

 

⑵の例
妻が居住用家屋の所有者、夫がその家屋の土地の所有者の場合、夫が妻に対して土地の贈与を行うケースが当てはまります。

 

 

 

 

特例適用の条件(以下の4つの条件を満たす必要があります。)

⑴夫婦の婚姻期間が20年以上であること

⑵贈与された財産が、居住用不動産であることまたはその取得資金であること

⑶贈与された年の翌年3月15日まで居住しており、その後も住み続けると見込めること

⑷同じ配偶者の贈与について、初めてこの特例の適用を受けること

 

配偶者控除の手続きには、贈与税の申告が必須です。贈与税の申告に必要なのは以下の書類です。

⑴戸籍謄本もしくは戸籍抄本(贈与された日から数えて10日以降に作成されたもの)

⑵戸籍附票の写し(贈与された日から数えて10日以降に作成されもの)

⑶居住用不動産の登記事項証明書などその居住用不動産を購入したことを証明できる書類

⑷固定資産評価証明書などその居住用不動産を評価する書類
(金銭ではなく居住用不動産の贈与を受けた場合)

 

相続と違い、長年連れ添った配偶者の財産贈与をしっかり見届けられるというのがこの制度のメリットのひとつでしょう。
ただ、税金面やコスト面を考えると他の方法が適している場合もあります。
何か疑問点やお困りのことがございましたら、当事務所にご相談ください。

 

ご相談はこちらから

 

詳しくは下記のURLからご覧ください。

⇩⇩⇩

https://yamadakaikei-nagomi.tkcnf.com/News

セミナー

2019年版『マネジメントゲーム』開催のお知らせ

弊社では、昨年の11月より『マネジメントゲーム(通称:MG)』を開催してきました。

おかげさまで、昨年11月分、12月分、両方とも無事開催することができました。

もっと皆さんに『マネジメントゲーム』を体験して経営に役立てて頂きたいという思いから2019年も開催することが決定しました!

すでに、1月分、2月分は開催して無事終了することができました。

3月以降も開催していきますので、詳しくは下記をご覧ください。

また、『マネジメントゲーム』について詳しく知りたいという方は下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

マネジメントゲームとは・・・

 

3月以降の開催については下記またはPDFをご覧ください。

お申込みは下記よりお申込みください。
※FAXからのお申込みの場合は、PDFに必要事項を記入してFAXしてください。
※TELからの直接お申込みも対応しております。

 

お申込みはこちらから

 

 

2019年『マネジメントゲーム』詳細

会場:
㈲山田会計 2F セミナールーム
群馬県甘楽郡甘楽町白倉61-1

参加料:
初参加   20,000円
2回目以降   10,000円
※金額は全て税抜価格です。(昼食代も含みます)
※2回目以降は午後からの参加もできます。

開催日:
2019年
3月23日(土)、4月25日(木)、5月28日(火)、
6月29日(土)、7月24日(水)、8月24日(土)
※9月以降の開催については現在調整中です。

時間:
10:00~18:00

持ち物:
筆記用具、電卓、定規

開催条件:
最低開催人数4名
定員12名

※何かご不明な点等ございましたら下記までお問い合わせください

お問合せ:
有限会社 山田会計 MG担当:服部
群馬県甘楽郡甘楽町白倉61-1
TEL:0274-74-5580
FAX:0274-74-5568
E-Mail:yamada-kaikei@tkcnf.or.jp

 

PDFファイル:2019年版『マネジメントゲーム』

 

お申込みはこちらから