お知らせ

山田会計ニュース

今、注目すべき中小企業支援施策③

知っている人だけ得をする!?
今、注目すべき中小企業支援施策を4回に渡りご紹介しています。

過去の記事については下記よりご覧ください。

⇩⇩⇩

中小企業経営強化税制

⇩⇩⇩

IT導入補助金

 

今回は第3回目「経営力向上計画の認定制度」です。

 

 

■経営力向上計画とは
中小企業・小規模事業者等は、人材育成や設備投資等、事業者の経営力を向上させるための取組内容などを記載した事業計画書(経営力向上計画)を作成し、計画の認定を受けることができます。

■経営力向上計画のメリット

・計画に基づく設備投資は3年間固定資産税が半額
要件を満たした機械装置を新たに取得した場合、装置にかかる固定資産税が取得翌年度から3年間半額になります。
販売開始から10年以内である、新品である、取得価格が160万円以上である、生産性が1%以上向上するといった4つの要件を満たした場合に適用されます。

・低利融資や信用保証枠の拡大など各種金融支援
民間金融機関からの融資時、信用保証協会の信用保証の中から保証枠の拡大や普通保険といった別枠の追加保証が受けられるものです。ほかにも、中小企業基盤整備機構による債務保証など計6つの支援があります。

・ものづくり補助金で加点
ものづくり補助金とは、革新的なサービス開発や試作品開発を行う中小企業や小規模事業者の設備投資などの支援制度で、期間内に公募して全国採択審査委員会の審査で採択結果が決まるでものです。

詳しいことについては下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

経営力向上計画の認定制度

山田会計ニュース

今、注目すべき中小企業支援施策②

知っている人だけ得をする!?
今、注目すべき中小企業支援施策を4回に渡りご紹介しています。

前回の記事については下記よりご覧ください。

⇩⇩⇩

中小企業経営強化税制

 

今回は第2回目「IT導入補助金」です。

 

 

■IT導入補助金とは
IT導入補助金は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、こうしたITツール(ソフトウェア、サービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。この際、補助金対象となる中小事業者等の申請をとりまとめ、ビジネスプロセスを抜本的に効率化すべく、単体機能でのITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入支援ではなく、複数の機能をパッケージ化したサービスの導入支援を行うことで、生産性の向上効果を最大限引き出せることを目的としています。

■IT導入補助金概要

・補助対象者
日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等に限ります。

・補助対象費目
IT導入支援事業者が、あらかじめ事務局の承認を受け、事務局のホームページに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウェア、サービス等)が対象となります。
※ハードウェアは対象外となります。ホームページ開設・運営、クラウドサービス等の利用料は導入後の1年間が対象となります。(既存ホームページの更新・改修費用は含みません)

・補助上限・下限、補助率
補助対象経費の区分に対し補助率を乗じて得られた額の合計について、補助上限・下限額の範囲内で補助します。

補助対象経費区分:
ソフトウェア、サービス導入費

補助率:
2/3以内

補助上限額・下限額:
上限額:100万円
下限額:20万円

詳しいことについては下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

IT導入補助金

山田会計ニュース

今、注目すべき中小企業支援施策①

知っている人だけ得をする!?
今、注目すべき中小企業支援施策を4回に渡りご紹介します。

今回は第1回目中小企業経営強化税制」です。

 

 

■中小企業経営強化税制とは
「生産性が年平均1%以上向上する設備」を購入、もしくは「投資利益率が5%以上のパッケージ投資」を実施される際に、税制措置を受けられる制度です。
(即時償却もしくは7%~10%の税額控除)

■要件
・経営強化法の認定を受けていること。
・生産性が旧モデル比年平均1%以上改善する設備、もしくは投資利益率が年平均5%以上の投資計画に係る設備。
・国内投資であること。
・中古・貸付資産でないこと
など

※中小企業経営強化税制の適用期間は平成30年度末までです。

 

詳しいことについては下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

平成29年度税制改正(中小企業庁)

セミナー

大好評!!経営力強化セミナーのご案内

約1年間の準備期間を経てようやく平成29年10月から開催しております、経営力強化セミナーのご案内です。

経営力強化セミナーは、決算書の分析を経営者ご自身に行って頂くセミナーとなっております。実際に分析を行って頂く時には担当者がお隣でサポート致しますので、数字が苦手という経営者の皆様にも安心してご参加頂けます。

普段は、損益計算書ばかり見ている経営者の方が多いのではないでしょうか。損益計算書は1年間の経営実績を表していますが、その成果を得るための資源はどこにあるのでしょうか・・・。それは貸借対照表です。貸借対照表は調達資源とその投資状況を表します。損益計算書は1年間の利益を計算するにすぎません。一方、貸借対照表は創業から現在まで自社の資金(お金)の流れを理解するための貴重な財務諸表という事が言えます。故に、貸借対照表を理解する事で多くの経営課題に気づくことが事ができるのも当然の事と言えるかもしれません。

 

 

ここで、過去に参加して頂いたお客様からの声を一部紹介したいと思います。

♦お客様の声
・難しいと思っていた貸借対照表・損益計算書の見方・分析方法が理解できた。
・自社の運営状況が客観的に見る事が出来た。(佐藤様)
・わかりやすい説明で良く理解できた、今の自分の実力が把握できた。(TK様)
・決算書の見方がわかった、経営について考えるようになった。(TT様)
・話を聞くだけでなく、隣で、渡邉さんについていただいたのでわかりやすかったです。
・会社の立ち位置に気づくことができました。(黒澤様)

他多数お喜びの声を頂いております。お客様に喜んで頂くため多くの時間を費やし準備してまいりました当セミナーですが、お客様のアンケートを拝見し苦労もすべて報われた思いで感謝しております。

今後10年で急速に少子高齢化は進み、企業を取り巻く経営環境も劇的に変化してゆく事は人口に膾炙する未来です。我々もその準備を今からしてゆかなければならないのではないでしょうか。まずは、経営力強化セミナーに参加して頂いて御社の現状を理解して頂きたいと思います。

ご参加お待ちしております。

お申込みについては下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

経営力強化セミナー

また、山田会計のFacebookページでは経営力強化セミナーのイベントページがありますのでそちらもご覧ください。

⇩⇩⇩

経営力強化セミナーFacebookイベントページ

 

経営力強化セミナーについて質問等ございましたら、弊社までお問い合わせください。

お問合せ:
㈲山田会計
担当:平野
TEL:0274-74-5580
※ホームページ上のお問合せからでも質問等は受け付けております。

ブログ

【イベント】持続化補助金セミナー

甘楽町商工会にて50万円の補助金獲得のチャンス!持続化補助金セミナーが開催されます。

個人事業主や小規模事業者のための補助金制度です!

ホームページを作りたい!
看板を設置してみたい!
☆古くなった設備を入れ替えたい!
☆店舗の改装がしたい!

そんな経営者の悩みをダイレクトに解消できる補助金申請制度です。
セミナーに参加すれば申請に必要な極意雛形を差し上げます!
さらに!セミナー参加者は県内採択率No.1講師より直接個別指導も受けられます!
セミナーに参加された方だけの特典となります!!

詳しくは下記またはPDFをご覧ください。

お申込みはPDFに必要事項を記入してFAXを送信してください。
FAX番号:0274-74-6422

 

 

50万円の補助金獲得のチャンス!
持続化補助金セミナー詳細

主催:
甘楽町商工会

開催日:
2018年2月8日(木)
19:00~20:30

会場:
甘楽町商工会2階大会議室
群馬県甘楽郡甘楽町小幡183

参加料:
無料

受講人数:
20名(受付先着順)

受講対象:
小規模事業者
(常時使用する従業員が20人(商業・サービス業は5人)以下)

お問合せ:
甘楽町商工会
TEL:0274-74-6422

PDFファイル:持続化補助金セミナー