お知らせ

なごみクラブ

【報告】第3回異業種交流会開催しました!

立春も過ぎ、暦の上では春となった2月5日水曜日
過去最多のお客様をお迎えして第回目の異業種交流会を開催しました。
会場にバレンタインの装飾を施し、心ばかりのチョコレートを
弊社から参加者の皆様にプレゼントしました。

最も心に響いたのはミニセミナーでの神宮 伸(じんぐう しん)様のお話です。
交流会後のアンケートでも大変反響がありました。

神宮様 講演の様子

神宮様は現在㈱妙議会、㈱みらいの役員としてご活躍されております。
妙議会は群馬県西毛地域を中心にデイサービス等の通所介護支援事業、
介護老人福祉施設等の運営をされています。
また平成18年にNPO法人として事業を開始された当初から中心となられていた方です。
(弊社も経営面でお手伝いさせていただいております)

現在の「強み」、また「弱み」を課題として改善対策までをわかりやすく
お話しくださいました。
何より印象的だったのは令和2年の㈱妙議会のスローガンのひとつ
「仕事を楽しもう」です。
利用者の皆様に安心して過ごしていただけるよう、地域に少しでも貢献できるよう
まずは自分たちが「楽しむこと」を大事になさっているそうです。

神宮様の応援?に駆けつけてくださった職員の皆様の笑顔が素敵なので
撮らせていただいた1枚です。

 

交流会は初めて参加の方もいらっしゃいましたが、
終始和やかかつ有意義で時間が足りないと感じるほどでした。

ポーズをしてくださった参加者様ありがとうございました!!

弊社の異業種交流会が盛況だということで「ぐんま経済新聞」が取材に来ました。
掲載されましたら改めてご報告いたします。


なごみクラブ発足周年を記念した講演会を開催いたします。
講師に下屋一良をお迎えします。
詳細はPDFをご覧ください。PDFファイル:講演会チラシ

2月25日(月)現在 コロナウイルスの影響に伴い
延期が決定しました


回異業種交流会は6月開催予定です。詳細決まり次第こちらでお知らせします。

セミナー

【報告】なごみセミナー『気学で売上アップ』開催しました!!

先日よりお知らせしておりました
なごみセミナー『気学で売上アップ』1月23日(木) 18:00より
「ら・ら・かんら」にて開催されました。

今回のセミナーでは約50名の方々に参加して頂きました。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。

 

― 当日のセミナーの内容について報告させていただきます ―

今回のセミナーは、有限会社西企画の西欽也先生を講師に招いてのセミナーとなりました。

 

 

西先生が書いた「こよみ本」を使い
自分の『本命星』『月命星』を知り
2020年どのような行動を取れば運勢が上がるかなどのお話を聞くことが出来ました。

その他、先生は今まで『気学』を用いた企業経営相談などをしてきた中で
経営や売上アップについてのお話もしてくださいました。

例えば、倒産しない為の条件
今話題のマラソン、駅伝の厚底シューズを例にお話して頂きました。

 


最後に、西先生は経営でもっとも必要なことをこのように言っていました。

【経営でもっとも必要なこと】

●誰が来てもここなら良い仕事ができると思わせる環境(整理整頓)

●ありがとうでいっぱいにする

●得意なものを磨くこと

 

 

ここで、今回のセミナーに参加された皆様の感想の一部を紹介させていただきます。

———————————————————————————————————————————–

~ セミナー参加者の感想 ~

・なかなか無い切り口での売上アップセミナーだったのでとても
興味深く学ぶことが出来ました。
とても面白かったです。

・自分の星で運命・運勢を解明、理解し、吉方位と凶方位を行動
する時の参考にしたいと思いました。

・改善点や運気を上げる方法など細かいことをたくさん知る事が
できてためになりました。

———————————————————————————————————————————–

 

今回は、『気学で売上アップ』についてセミナーを開催させていただきました。

今後も『なごみセミナー』では
いろいろな角度から『売上アップ』をテーマに
セミナーを定期的に開催していきます!!

(2月、3月は『なごみセミナー』はお休みになります)

 

4月22日(水) 18:30~

ホテルアミューズ富岡にて

なごみクラブ発足1周年記念講演会
『成功する経営者の条件』

開催決定!!

※詳細については後日お知らせにてご案内致します。

2/25(月)現在 コロナウイルスの影響に伴い、延期となります。ご了承ください。

 

会報63号

【和会報63号Vol.16】Philosophy

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.16の内容はPhilosophyです。
※今回のVol.16で和会報63号の投稿は最終回となります。

 

 

~”ふぃろそふぃー”【Philosophy】の小径~

 

「常に”いま”に集中していれば間違えることはない」

町田康 小説家

”人はなぜ間違えたり失敗するか?それは「いま」ではなく、少し先、少し前のことについて「いま」考えてしまうから。手元にある「いま」をないがしろにして間違える。常に「いま」に集中していれば間違えることはない。”

「日本の偉人:名言集」より

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.15の内容も含まれています。

PDFファイル:Philosophy

会報63号

【和会報63号Vol.15】無料相談会実施中!

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.15の内容は無料相談会実施中!です。

 

 

無料相談会実施中!

部長:白石 邦裕

相続・経営・税金・会計

 あなたのお悩み、専門家に話してみませんか?

  「相続」に関するご相談が増えております!

      無料ですので、些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お問い合わせは、電話またはメールにて!(担当:白石)

TEL:0274-74-5580

E-Mail:yamada-kaikei@tkcnf.or.jp

※ホームページの『お問合せ』からもお申込み可能です。

 

お問い合わせはこちらから

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.16の内容も含まれています。

PDFファイル:無料相談実施中!

会報63号

【和会報63号Vol.14】企業における防災対策の3段階

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.14の内容は取り組もう!中小企業の防災対策②です。
※Vol.14はVol.13の続きとなっております。Vol.13をお読みでない方は下記のリンクよりVol.13をお読みになってからVol.14をお読みください。

⇩⇩⇩

和会報63号Vol.13

 

 

取り組もう!中小企業の防災対策②

㈱未来サポートアスカ 三宮 晃

企業における防災対策の3段階

第1段階 事前対策
・予防対策:
建物などの構造上の危険性、什器・備品などの危険性の軽減に関すること。

・防災計画:
効果的な緊急時対応と復旧・復興の手順に関することに分けられます。

第2段階 災害発生時の「緊急時対応」
緊急時対応は場当たり的に行うのではなく、どのような対応を取るかについて事前に計画します。
具体的には
①災害対策組織の編成
②災害対策組織の任務
③任務遂行に必要な資機材や装備などの検討・・など

 

 

第3段階 業務の回復に向けた「復旧・事業持続対策」
業務の回復に向けた「復旧・事業継続対策」は一般的には要約すると以下のような内容です。

⑴復旧体制の整備
復旧計画を事前に立案するのは困難ですが、想定されるリスクを把握し、対策を検討しておきます。具体的な内容は、業種などによって異なりますが、一般的検討事項は次の通りです。
①復旧対策班(対策本部)の設置
②設備の緊急点検、施設の被害状況調査、安全確認
③コンピューターシステムの復旧計画
④相互援助協定
⑤復旧要員、資材の確保(業者手配)
⑥ライフラインの確保(電気・ガスなどの供給事業者との連絡調整)
⑦輸送交通手段、ルートの検討および確保・・・・
など

⑵協力会社との連携
①協力会社から得られる応援の把握
②協力会社の地震対策策定の支援

⑶事業継続
業種などにより内容が大きく異なりますが、一般的に検討する事項は次の通りです。
①災害後の設備点検表の整備
②相互援助協定の締結
③本支店間の相互応援計画の策定
④顧客リストおよび取引先リストの整備
⑤取引先の分散化
⑥重要記録類の保全
⑦データベースのバックアップ管理

⑷得意先対応
サービスや製品提供の中断などによる取引先のリスクにも対応することが大切です。
例えば、次の事項を検討することをお勧めします。
①顧客や取引先への情報提供(被災情報、復旧見込み、仮店舗の案内など)
②顧客や取引先への支援部隊派遣
③顧客へ生産出荷計画の変更連絡と調整
④顧客や取引先へのお見舞い

中小企業の防災対策について述べましたが、災害の発生頻度が年々高くなってきています。まだ対応されていない企業に置かれましては、事業を守る、社員を守る、取引先を守るためにも上記内容を参考にして取り組まれることをお勧めします。

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記よりご覧ください。
※PDFにはVol.13の内容も含まれています。

PDFファイル:取り組もう!中小企業の防災対策