お知らせ

会報61号

【和会報61号Vol.12】今、改めて先賢の英知に学ぶべき経営理念①

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.12の内容は今、改めて先賢の英知に学ぶべき経営理念①です。

 

 

今、改めて先賢の英知に学ぶべき経営理念①

㈲アスカ創造経営研究所 三宮 晃

昨今、建設業や自動車産業などで検査データの改ざんなど数多くの不正が報じられ企業の在り方が問われています。

これまでの日本型経営の特徴として誠実、勤勉、信用重視、職人気質に支えられた高度技術と高品質、社会貢献、顧客満足志向、経済・経営道徳重視などがあげられていました。

こういった伝統的な日本型経営の長所が失われ、自社と株主利益至上主義、競争に勝ち誇り、生き残るためには手段を選ばずといった企業風土が蔓延していることはとても残念なことであります。

 

 

時代の変化が大きく流れが激しい時こそ、先賢の貴重な失敗・成功体験からの至言を謙虚に尊重し、温故知新、今こそ原点に立ち帰り、その経営哲学や理念、手法を学び直すことがとても大事なことではないかと思います。

以下に二つの事例を紹介します。

 

この続きは次のVol.13、今、改めて先賢の英知に学ぶべき経営理念②をご覧ください。

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.13、Vol.14の内容も含まれています。

 

PDFファイル:今、改めて先賢の英知に学ぶべき経営理念

会報61号

【和会報61号Vol.11】なごみクラブ

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.11の内容はなごみクラブです。

 

 

なごみクラブ

課長:浦辺 薫

昨年より「経営力強化セミナー」を始め、たくさんのセミナーを開催しております。

そんな中で「皆さんの経営に役立つ知識習得の場が欲しい」「異業種との交流による発想転換の機会作りをしたい」「プレゼンテーションなどを通してお互いに刺激しあう機会作りをしたい」との声も多く、そのような団体を作りたいと思ったのがこの「なごみクラブ」結成の始まりです。

まだ結成したばかりですが、大勢の方の参加をお待ちしております。

今後は皆さんの交流の場、勉強の場、情報発信の場としていきたいと思います。

 

 

現在「なごみクラブ」ではオープニングキャンペーンとして会員募集中です。年会費はお一人様1,000円となっています。

会員になられると素敵な特典があります。

その特典とは、セミナー等で使用可能な「割引チケット5,000円相当」を贈呈、他会員様は「各種情報の入手」ができます。

つまり、入会されるとあの大好評の「経営力強化セミナー」等が割引価格で受講できる他、経営に役立つ情報がたくさん手に入ることになります。

詳しくは、チラシがございますのでそちらをご覧ください。弊社職員に仰っていただければそのチラシを差し上げます。

※チラシについては下記にチラシのPDFがございますのでそちらをご覧ください。

 

PDFファイル:なごみクラブチラシ

 

※また、会員登録については、PDFに必要事項を記入してFAXまたは下記のリンクから登録することができます。

 

なごみクラブ会員登録についてはこちらから

 

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.10の内容も含まれています。

PDFファイル:なごみクラブ

会報61号

【和会報61号Vol.10】マネジメントゲーム(MG)

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.10の内容はマネジメントゲーム(MG)です。

 

 

マネジメントゲーム(MG)

係長:服部 裕二

皆さんは、「経営や財務、決算書を読む力が簡単に身に付けられたらなぁ~」って思ったことはありませんか?

そんなことをお思いの皆さんに、楽しく、簡単に身に付ける方法があります!

その方法は、MG(マネジメントゲーム)です!!

 

 

MGは経営を学びたい方の為のボートゲームです。国内有名企業の研修にも使われているという実績もあります。

更に、あのソフトバンクの孫正義会長もこのMGに熱中しています。孫会長いわく、「ゲームなら1日10期、10年分の経営だって体験できる。僕の後継者になる以上は100期分くらいじゃ足らんよ!」と言っているそうです。

そんな、今とても熱いMGですが、昨年11月より弊社主催で開催しています。

そして、この弊社主催のMGは4月までの開催日程が決まりました!

ぜひ、皆さん、MGに参加して頂き、孫会長をも超える経営者になりましょう!!

MGの詳細は、下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

MG詳細

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.11の内容も含まれています。

PDFファイル:マネジメントゲーム(MG)

会報61号

【和会報61号Vol.9】セミナー報告

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.9の内容はセミナー報告です。

 

 

セミナー報告

主任:渡邉 利文

山田会計では、各種セミナーを多数開催しております。その目的は日々の業務に追われ、お忙しいお客様に必要な知識及び情報を得る機会を提供する事にあります。できる限り短い時間で、分かりやすく、そして明日からの経営に即役立つことを念頭に、工夫しながら運営しております。

 

 

一番人気のセミナーは「経営力強化セミナー」です。経営力強化セミナーは、経営者ご自身に決算書をご持参いただいて、ご自分で分析するというセミナーです。

そもそも経営力強化セミナーは、「うちの息子に数字の見方をおしえてやってくれ」とのお客さんの声から始まりました。分析時には、職員がお客様のお隣についてサポート致しますので安心してご参加下さい。

 

マンツーマンでのサポートなので定員3名様、少人数で質問もたくさん飛び交います。慣れない分析をすると、甘いものが欲しくなるという事で、チョコレートを食べながらの実習です。

 

2番人気は将軍の日(中期計画策定セミナー)です。将軍の日も、経営者ご自身に計画立案システムを操作して頂いて、ご自分で会社の未来を考えるセミナーです。こちらも、職員がお客様のお隣についてサポート致しますので安心してご参加下さい。

現状分析→売上及び利益率計画→人件費計画→経費計画→投資計画と進めていきますが、資金残高を確認して頂いて何度でも修正を加えて、ご納得いくまでシミュレーションして頂く事ができます。午前10時~午後5時までの長時間のセミナーですが、皆さん一日があっという間だった、一日集中して会社の未来を考える事ができて良かったとおっしゃっていただいております。

 

 

山田会計では、他にも多数セミナーを開催しております。詳しくは、ホームページをご覧頂くか、担当者にお問い合わせ下さい。

セミナーに参加する事で新たな発見があると思います。ご参加お待ちしております。

 

セミナーの情報についてはこちらから

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。

PDFファイル:セミナー報告

会報61号

【和会報61号Vol.8】ティータイム②

弊社では半年に1度会報を発行しております。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーをご覧になられる方はお知らせ一覧よりご覧ください。

Vol.8の内容はティータイム②です。
※Vol.8はVol.7の続きとなっております。Vol.7をお読みでない方は下記のリンクよりVol.7もお読みになってみて下さい。

⇩⇩⇩

和会報61号Vol.7

 

 

ティータイム②

※ここでは弊社のお客様のご紹介をさせて頂いております。

障害者グループホーム
たひらホーム
〒370-2115
群馬県高崎市吉井町多比良3059-5
TEL:027-388-1040

 

会社のPR

運営法人:
一般社団法人 牛伏

住所:
群馬県高崎市吉井町多比良3059-5番地

建物:
木造2階

居室:
7.5畳フローリング・押入れ(全室)

共有設備:
台所・リビング・トイレ(1階/2階各1ヶ所)・お風呂洗面(1階/2階各1ヶ所)自転車置き場・小さな畑

入居定員:
5名

対象利用者:
知的・精神・男女混合

スタッフ:
5名(うちサービス管理者兼務)

【1ヶ月生活費内訳】
家賃:20,000円
食費:30,000円(朝食200円・昼食400円・夕食400円)
光熱費:10,000円
雑費:3,000円(レクレーション等)
その他:相談

 

 

将来の夢
<あたり前の生活と自分自身の生活について>
あたり前の生活とは、現在の環境に合う考えに合わせられる生き方なのかな、でも地域によって考え方やとらえ方が違う。
今の自分自身の状況を踏まえて合わせることがなかなか難しいのが現状ですね。
共存生活を考え、幸せを求めた生活と暮らしを一緒に育て歩み続けて行けたらと思います。

 

この記事について詳しくご覧になりたい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.7の内容も含まれています。

PDFファイル:ティータイム