お知らせ

会報58号

【和会報58号Vol.8】私のお勧め:「世界のエリートなら誰でも知っているお洒落の本質スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで」

当事務所では半年に1度会報を発行しています。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーを見たい方はお知らせ一覧からご覧ください。

Vol.8の内容は私のお勧めです。

 

私のお勧め

武井宏樹

「世界のエリートなら誰でも知っているお洒落の本質スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで」
干場義雅 著
PHP新書 より

私が最近読んだ本の中でおすすめしたい本を紹介します。
最近私はファッション系の本をよく読んでいます。その中で、ビジネスにも通じる本があったので紹介します。
この本ではタイトルにある通り「お洒落の本質」について著者の考えが述べられています。その中でもビジネスで使うスーツに重点をおいて述べられています。アイテム一つごとに章が分かれていて絵も付いているのでとても分かりやすく理解しやすい本になっています。私も普段スーツスタイルで仕事を行っています。この本を読んでグローバルスタンダードなスーツスタイルの着こなしを学び、どこに行っても「あの人が着ている服カッコいいよね」って言われるようになれたらいいなと思っています。

この記事について詳しく見た方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.7の内容も含まれています。

⇩⇩⇩

私のお勧め

会報58号

【和会報58号Vol.7】ティータイム

当事務所では半年に1度会報を発行しています。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーを見たい方はお知らせ一覧からご覧ください。

Vol.7の内容はティータイムです。

 

ティータイム

※ここでは当社のお客様のご紹介をさせて頂いております。

カーサービス ヨシダ
〒370-2201
群馬県甘楽郡甘楽町上野218-1
代表者:吉田 師省
TEL:0274-74-3440

会社のPR
車検・点検・一般整備に加え、新車・中古車の販売に伴うボディコーティングにも力を入れております。
生活になくてはならない自動車を扱っているため、ミスのない作業で正確・親切を心がけ信頼を得られるよう日々努力しております。

将来の夢
日々進化する自動車を勉強しながら、ユーザー様の生活に合ったカーライフをご提案し、皆様に愛されるお店作りをしていきたいと思います。

事業を始めたきっかけ
トヨタカローラ高崎で10年整備をしてきた経験を生かし、自動車を安心安全に乗っていただくこと、また、自動車に乗ることを楽しみのひとつとして頂けるよう追及して行きたいという思いで開業致しました。

この記事について詳しく見たい方は下記のPDFよりご覧ください。
※PDFにはVol.8の内容も含まれています。

⇩⇩⇩

ティータイム

会報58号

【和会報58号Vol.6】「財産目録管理チェックリスト」のご案内

当事務所では半年に1度会報を発行しています。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿してます。
会報のバックナンバーを見たい方はお知らせ一覧からご覧ください。

Vol.6の内容は財産管理ネットワーク活動報告です。

 

財産管理ネットワーク活動報告
「財産目録管理チェックリスト」のご案内

財産管理ネットワーク担当:土屋誠一

「あなたと、あなたの大切な人たちのために」いざという時家族や周囲の方が慌てないよう、財産目録を整理しておくことが大切になります。
財産管理ネットワークでは、この度「財産目録管理チェックリスト」を作成しました。
あなたも一度チェックしてみませんか。

この記事について詳しく見たい方は下記のPDFよりご覧ください。

⇩⇩⇩

財産管理ネットワーク活動報告

 

 

「財産目録管理チェックリスト」をご覧になりたい方は下記のリンクよりご覧ください。

⇩⇩⇩

財産目録管理チェックリスト

会報58号

【和会報58号Vol.5】マーケティング企画室創設

当事務所では半年に1度会報を発行しています。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーを見たい方はお知らせ一覧からご覧ください。

Vol.5の内容はマーケティング企画室創設です。

 

【マーケティング企画室】創設

今井宏臣

売上アップの秘策

決算報告の際によくあるのですが、”売上の見通しがわからない”という話題になったりします。安定して売上を上げたいというのは、多くの経営者が持つ願いですよね。固定費もあるけど、見通しが立たないから、不安・・・。では、、、

□もし、売上の見通しが、なんとなくでも1年先まで見通せていたらどうでしょう?
□もし、新規の仕事やお客様が来るような流れがあって、固定費分の利益が確保できるのがある程度予測できたらどうでしょう?

美味しい料理のレシピがあれば、見映えはともかくとしてそれなりの料理がつくれるのと一緒で、きちんとした仕掛けがあればある程度売上が上がっていく予測が立ちます。

この”仕掛け”を「マーケティング」と言ったりします。

当社ではみなさんのお役に立てるよう、「マーケティング企画室」を創設し、メルマガの配信も開始しました。
売上を上げたい、お金を増やしたい、利益を出し続けたい、いい人材を採用したい、事業を成長させたい、魅力ある会社をつくりたい、マーケティングを取り入れたい、、、
などなど、経営者の方の気づきになる内容をメルマガ限定でお届けしています。

また、マーケティング企画室では、当社での取り組みや、お客様等の成功事例などもコンテンツとして今後提供を考えていますので、楽しみにしていてください!

この記事について詳しく見たい方は下記のPDFよりご覧ください。

⇩⇩⇩

【マーケティング企画室】創設

会報58号

【和会報58号Vol.4】相続税・贈与税の関係にご注意!

当事務所では半年に1度会報を発行しています。

先日より毎日1記事ずつ会報をお知らせで投稿しています。
会報のバックナンバーを見たい方はお知らせ一覧からご覧ください。

Vol.4の内容は相続税・贈与税の関係にご注意です。

 

相続税・贈与税の関係にご注意!

部長:白石邦裕

■相続開始前3年以内に贈与した財産にも相続税がかかる?
亡くなる日(相続開始日)前3年以内にもらった財産についても相続税がかかります。贈与を受けた財産の贈与のときの価額を、贈与を受けている人の相続税の正味の遺産額に加算します。

■相続開始前3年以内の贈与財産の内容とは?
加算される贈与財産の範囲は、被相続人から生前にもらっていた財産のうち死亡前3年以内にもらったものすべてです。3年以内であれば贈与税がかかっていたかいなかったかに関係なく加算します。従って、基礎控除額110万円以下の贈与財産や死亡した年に贈与されている財産の価額も加算することになります。
亡くなる日前3年以内にもらった財産に関しても例外があります。それは、贈与税の配偶者控除等を受けた財産で、この財産に関しては亡くなる日前3年以内にもらっても相続税はかかりません。

■相続があった年に被相続人から贈与
贈与税ではなく、相続税が課されることになっています。
相続や遺贈により財産を取得した人が、「相続があった年に被相続人から贈与された財産」は、贈与税の課税対象とはしないで、相続税の課税対象として相続財産に加算することになっています。
つまり、110万円超の贈与であっても贈与税がかからず、まるごと相続税の課税対象となるということです。しかし、相続のあった年の贈与であっても、贈与税の配偶者控除を受けた財産は、相続財産に加算せずに贈与税の対象とすることができます。

この記事について詳しく見たい方は下記のPDFよりご覧ください。

⇩⇩⇩

相続税・贈与税の関係にご注意